タイ プーケット ガイド

【9月22日|アップデート】

9月21日にプーケット知事より発表があり、全ての方の入島に関して「オープン」するとの発表がございました。ただ、入島に関して下記の条件をクリアする方のみ入島が可能となります。

<プーケットへの観光での入島について>
1、ワクチン接種が完了していること。(シノバック、シノファーム、スプートニクVは2回接種、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、ジョンソンアンドジョンソンは1回接種が必要)また、接種完了日から14日間以上が過ぎている事となっております。

2、7日以内でのコロナ陰性証明書。

3、また引き続き、こちらの事前申請、アプリのインストールが義務化されております。→「プーケットへのご旅行の際には。。。

4、DMHTTA(D–距離、M –マスク着用、H –手洗い、T –温度チェック、T – COVID-19の検査、A –アラートアプリケーション)タイ、プーケットでは、マスクは公共の場所や2人以上乗車の車両で常に着用することが義務となっております。

※過去にコロナ感染から回復された方は、90日以内での担当医師の診断書が必要となります。
※6歳以上18歳未満のお子様は、ワクチン接種完了書は必要ございません。
※違反をしたものは罰則の対象となりますので、ご注意ください。

【9月6日|アップデート|滞在中のコロナ検査が不要になりました】
【9月1日|アップデート】
8月31日にプーケット知事より発表があり、全ての方の入島に関して基本的に今まで通り「全面閉鎖」(業務、医療関係などは別)を9月14日まで延長するとの発表がございました。ただ、9月8日以降、タイ国内からプーケットへの観光に関しまして、下記の条件をクリアする方のみ入島が可能と発表がありました。

<9月8日以降、プーケットへの観光での入島について>

1、プーケット滞在中のご宿泊ホテル予約証明書と支払い完了書。

2、ワクチン接種が完了していること。(シノバック、シノファーム、スプートニクVは2回接種、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、ジョンソンアンドジョンソンは1回接種が必要)また、接種完了日から14日間以上が過ぎている事となっております。

3、到着日72時間以内でのコロナ陰性証明書。

4、また引き続き、こちらの事前申請、アプリのインストールが義務化されております。→「プーケットへのご旅行の際には。。。

5、DMHTTA(D–距離、M –マスク着用、H –手洗い、T –温度チェック、T – COVID-19の検査、A –アラートアプリケーション)タイ、プーケットでは、マスクは公共の場所や2人以上乗車の車両で常に着用することが義務となっております。

※過去にコロナ感染から回復された方は、90日以内での担当医師の診断書が必要となります。
※6歳以上18歳未満のお子様は、ワクチン接種完了書は必要ございません。
※違反をしたものは罰則の対象となりますので、ご注意ください。

【8月15日|アップデート】
8月14日にプーケット知事より発表があり、全ての方の入島に関して8月3日から16日まで「全面閉鎖」(業務、医療関係などは別)を8月31日まで延長するとの発表がございました。ただ、プーケット在住者、サンドボックス渡航者に関しては、タイ国内からプーケットへの入島が可能となっております、その際はコロナワクチン接種完了と72時間以内でのコロナ陰性証明書が必要となります。また、サンドボックスプログラムはこちらと関係なく今まで通り継続されます。

【7月30日|アップデート】
7月23日にプーケット知事より発表があり、全ての方の入島に関して8月3日から16日まで「全面閉鎖」(業務、医療関係などは別)にするとの発表がございました。またその期間、サンドボックスプログラムはこちらと関係なく今まで通り継続されます。

【7月23日|アップデート】
7月23日にプーケット知事より発表があり、全ての方の入島に関して7月25日から必要なコロナ陰性証明書の有効期間が「7日間」から72時間以内に変更となりました。

【7月20日|アップデート】
7月20日にプーケット知事より発表があり、バンコクを含むタイ国内全ての県からプーケットへの渡航で、下記のようにコロナ感染予防対策の一環として8月2日まで強化されます。

タイ プーケット コロナ感染予防対策

バンコクを含むタイ国内からプーケットへの渡航目的で空港や陸路、水路で来られる全ての方は、事前に下記の書類が入島に必須となります。

・ワクチン接種完了から14日以上経過しているコロナワクチン接種証明書(シノバック、シノファームは2回接種、アストラゼネカは1回の接種が完了していること)。もしくは、コロナ感染者でコロナから回復後90日以内での診断証明書

・72時間以内での簡易検査、もしくはPCR検査によるコロナ陰性証明書

上記のものが証明できない場合は、「入島禁止」が発表されております。また空路は、下記のようにほとんどの航空会社が20日から来月2日までの運行を休止しており、陸路での場合も長距離バスは運行を休止しており、自家用車、プライベートカーでの場合も「PM23:00からAM04:00まで」は県境を閉鎖し、入島できません。

タイ プーケット コロナ感染予防対策 エア

また引き続き下記も随時必須となっておりますので、伴わせてご確認くださいませ。
プーケットへのご旅行の際には。。。

何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。