タイ プーケット ワクチン摂取 サンドボックス

サワディーカップ(こんにちわ)、アキです。

「海ブログ(ダイビングブログ)」「お知らせブログ」とは別のタイトルで不定期で更新していく「ココが気になる、プーケット!!」。

初回の今回は、タイではテスト的な「サンドボックス(隔離なしでの入国可能な政策)」について、語りたいなと。。。

タイでは色々と話題に取り上げられることのある「サンドボックス」プラン、この政策は素直に観光国のタイがタイ国民の就労の保守が目的であることが一番、その後にコロナ禍の中で国として外交なども含めどう対応していくかのテストも兼ねての政策(プラン)でもあります。そこで挙げられた最初の場所がココ「プーケット」。タイで最も観光客が多く訪れる場所であり、島であることから隔離が容易に行え、病院などの施設もタイの中では比較的充実している点などが挙げられております。

その「サンドボックス」プランを進めるタイ観光庁が、タイ政府の正式な認可を受ける上でいくつかある条件の一つに、「プーケットに居住する観光業に携わるタイ人、外国人を合わせて70%以上がワクチン接種を完了すること」があります。そこでタイ人には以前から進めていたワクチン接種をプーケットで就労ビザを所持する外国人にも急遽接種することとなりました。

もう、外国人組の自分たちはバタバタです。。。正直、政府指定のサイト(なぜかタイ語オンリー)でワクチン接種登録後、一切の連絡はなし!!連絡があったと思えば、その翌日にはワクチン接種っていう感じ、必要な手順、書類などもわからずな感じでスタートです。この辺りはタイって感じですよね。。。ww

タイ保健省が設けたプーケットの集団接種会場は、5箇所あり、それぞれの希望で場所や時間が選べるようになっておりましたが、全外国人枠で接種で設けてある日は「1日」のみ(もう1日は移民の方が対象)。。。もう混み合うの必須です。それも開催場所によってバラツキがあり、あくまでも自分が聞いた情報ですが、セントラルショッピングセンターの摂種場所が一番混んでたと思います。。。自分もそこでしたが軽く3時間掛かりました。他の場所は、およそ1時間程度だったみたいです。泣

タイ プーケット ワクチン摂取 サンドボックス
こんな感じで、この混み具合です。。。泣

まあバタバタしましたが、無事に自分も1回目の接種が完了、2回目は3週間後.。。今日接種した方全員がまた同じ日で、同じ時間。。。鬱になりそうです?!ww

こんな感じで外国人の接種も進み、後日、タイ保健省の発表ですと外国人接種も含めプーケットで1回の接種が終わった方全員で66%越えだそうです、翌日は移民の方を対象に接種がされたそうでこちらも含めると70%超えだそうです。

すごく強引な感じwwではありますが、なんとか目標の数値に届き、後日タイ首相から正式な認可がおり、7月1日から「サンドボックス」が開始されます。

色々とこの他にも条件がございますが、なんとかコロナ禍の中、観光業として一歩前進できたかなと思います。そんな「サンドボックス」ですが、若干誤解ともとれる解釈がネットの世界で語られているのでここで自分が確認していることを下記にご案内いたします。

まず「サンドボックス」とは。。。こちらをご参照ください。→ サンドボックスに関しまして

まず一つ目のネット書き込み。。。「ホテル隔離を島全体で隔離ってことだよね、島に14日間もいれないよ、使えない。。。」

誤解を訂正→ 島全体での隔離って形にはなりますが、決して14日間滞在する必要はなく、必要な日数で帰国も可能です。例えば3日間のプーケット滞在でその後、タイ以外の他の国、日本への帰国も可能です。もしプーケットに滞在後タイ国内での移動をしたい場合に限り、14日間島に滞在しなければ移動できないとはなっております。

※SNSや他の情報サイトでは、プーケットに14日間の滞在が必要と言われておりますが、タイ観光庁に確認を取りましたら、プーケットのみでの滞在予定の場合、これの限りではないそうです。(6月17日現在)

二つ目。。。「SHA+のホテルって隔離指定(ASQ)ホテルってこと?選ぶほどないよね。。。」

誤解の訂正→ 「SHA」とはタイ保健省が決めたコロナ抑制のための各施設のアルコール消毒やアルコール消毒設置やら検温などその施設、ホテルが基準をクリアしている証明(弊社ワンステッププーケットも「ダイビングショップ」としてSHAをクリアしております)であってプーケットでオープンしているホテルはクリアしております。また入国条件にある「SHA+」として選べるホテルは、プーケットではほとんどのオープンしているホテルがクリアしており、ホテルタイプもバジェットホテルから5スターホテルまでございます。ASQ指定ホテル(隔離指定ホテル)とは違ってきます。

※「SHA+」 → こちらは「SHA」に認定されている施設、ホテルの従業員の70%以上がワクチン接種を完了している施設、ホテルになります。

三つ目。。。「バンコク経由でいけないし、日本からの直行便もないのにどうやって行けるの?。。。」

誤解の訂正→ 日本からプーケットへの直行便は今のところございません。もちろんバンコク経由も今のところ専用機がない限りプーケットまで来ることができません。(バンコク〜プーケットの専用機は今現在タイ観光庁が検討中だそうです、今後、専用機の便ができるかもです。)ただ、日本からの場合、シンガポール航空のシンガポール経由などで今現在プーケットにくることが可能となっております。

四つ目→ 「滞在中、隔離ホテルと同じように自己負担でPCR検査を受ける必要があるって。。。」

誤解の訂正→ 滞在中、自己検温など自主的に自己管理は必要かと思いますが、強制して滞在中の決められたPCR検査などはございません。帰国の際に国によっては入国に必要な書類として検査は必要かと思いますが、それ以外では規則はございません。

訂正(6月15日)→ プーケットにご滞在中、6日目、14日目に検査を受ける義務がございます。7日目より短い滞在期間予定の方は滞在中でのPCR検査は必要ございません。(ただ次に入国する国、日本の場合ですと72時間以内のPCR陰性検査証明書が必要となりますので、プーケットで3日以上滞在予定の場合は取得が必要になってまいります。)

五つ目→ 「10万ドルの保険。。。」

→ こちらはタイでの滞在期間によっても変わってまいりますので、詳しくはこちらをご確認くださいませ。(外部サイト|在タイ日本大使館「保険」Q&A|別ページで開きます

などなど、ネットで最も記載のある事柄でわかる範囲でご案内をいたしました、もちろん今後の状況で変わってくるかと思いますので、あくまでもご参考までに。。。

ただ今回読んでいて最も誤解が多いのは、「プーケット直行便」「バンコク経由」。。。プーケットに行くことができるのはバンコク経由のみっていう誤解が一番多かったです、あとは直行便、日本からの直行でなくてもプーケットにタイ国内経由をしなければって意味なのですが、日本からの直行便でしかと解釈している人が多かったです、これはプーケット在住の方でも勘違いしている人が居た。。。

プーケットは国際空港ですので。。。まだまだプーケットの知名度を上げないとなって思いました。がんばろっ!!

ではでは、まだまだ「サンドボックス」に関しては、曖昧な部分が多いですが情報が入り次第、随時その都度、更新していきたいと思います。質問がある方は気軽に聞いてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です