プーケットのダイビング屋さん【ワン ステップ プーケット】

4月24日から26日の2泊3日で、シミランダイブクルーズへ!! 2日目も、朝から天候は快晴、波もなくメインイベントの「リチュリューロック」へ到着です。 今日は、ここで2本潜り、タチャイ島、ボン島にてそれぞれ1本ずつ潜った後、シミランへ 戻ります。 1本目は、「リチュリューロック」の東側をじっくり潜るプランにてスタート!! さすが朝一番、中層から魚が一杯です・・・・・まずは、東の根にてソフトコーラルと 根の上でクリーニングしているアカマダラハタをじっくり観賞、今日は逃げる気配が ありません。 中盤にて、ここの人気者の「フリソデエビ」を!!大きく育ってます。その他にも イシヨウジやクリーナーパイプフィッシュなどを見て、のんびりダイビング!!! 2本目は、「リチュリューロック」の西側をいきます、潜行してすぐに20Mのところで もう一人のスター「タイガーテールシーホース」をぽつんと発見!!なぜ砂の上!!!!! ゲストもゆっくり撮影大会!!ここで10分ぐらいいました。(笑) でも、ゲストの撮影の合間、やたらと自分のタンクに攻撃??してくる「オニカマス」、 1Mは軽く超えてます、歯が丸見え!!! 実はすご〜くビビってましたので、ゲストを呼んで移動したかった。。。。。 やっとのことゲストの撮影が終わり、自分を確認し「オニカマス」にビックリしておりました。 ※この行動、他のグループの外人ゲストにビデオに撮られており、みんなで確認すると 攻撃と言うよりネコが自分にじゃれている感じでした。 終盤は、トマトアネモネフィッシュなどをじっくり観賞、安全停止を利用して 表層にいる「ブラックフィンバラクーダ」の群れを観賞し、エクジット。 3本目は、タチャイ島まで南下して、「ツインピークス(タチャイピナクル)」へ。 いつも流れているサイトですが、今日は殆ど流れがありません。こういったときは 魚が少ないのですが、今日は不思議です。 すごい数の魚が中層で群れています。その中を突っ切る数匹のロウニンアジ!! 早速、ゆっくり中層でウオッチング決定です。 そんな中、ゲストの後ろからゆっくりとせまる影が・・・・・でかい!! 「マンタ」です、でかいです、本当にでかかった!! 最高の中層ウオッチング!! その後、ゲストのリクエストでもあり、自分も大好きな「レオパードシャーク」探しへ。 本当、今日はラッキーでした。深度20mの岩の影にひっそりと。。。。。 他のゲストは、まだマンタと遊泳中!!独占です。 ゲストもゆっくりと観賞し、他のグループと入れ替わる様にまたまた中層へ! 碧い世界に囲まれて、ゆったりの群れウオッチング。 そんな時間にまたまた異変が・・・・・次は、先程の「マンタ」が編隊でやってきました。 2枚が重なる様に「グルン」、じゃれ合う様に「グルン」、なぜか魚の群れも廻りに集まり、 密集状態。 水の中ですので暑くはないですが、アツくなったダイブでした。 4本目は、さらに南下しボン島へ。 ここは、最も有名な「マンタポイント」。 さすがです、エントリーしてすぐに、「マンタ」登場です。 まず2枚が同時に登場!!その後、また2枚が別の方向から・・・・・。 4枚が同時にじゃれ合う様に「グルン、グルン」と私達を囲む様に泳いでます。 ゆっくり約30分、マンタウオッチングです。 「マンタ祭り」を思う存分堪能しました。 ゆっくりと夕日をみながらシミラン諸島に戻り、ゲストが撮ったビデオを見ながら 飲むビールは最高でした。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です