Manta birostris)」 もう1つは「ナンヨウマンタ(Manta alfredi)」 どちらもオニイトマキエイ属(Genus Manta)に属します。 では、ここプーケットの廻りやシミラン諸島、特にボン島で多く見られるマンタは どちらなんでしょう?? ●【オニイトマキエイ】と【ナンヨウマンタ】の見分け方 マンタの判別方法自分の他のマンタの写真を見ても、どれも「オニイトマキエイ」でした。。。。。 プーケット近郊やシミラン諸島廻りで見れるマンタは、おそらく 「オニイトマキエイ」みたいですね。 でも、まだまだジンベエザメと一緒で未知の事が多い「マンタ」さん。。。。。 ある学者さん曰く、まだまだ調査中で、 また新しい種が記録される可能性もあるとのことです。 マンタに会った際は、ここらへんもチェックしてみて下さいね。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です