■よくあるご質問(Q&A)

ダイビングライセンスを取ったばかりです、ダイブクルーズに参加できますか?

「ダイバー」として認定されている方ならどなたでもダイブクルーズにご参加頂けます。 弊社では、徹底した【少人数制】でのお受付させて頂いておりますので、きめ細かなガイディングで楽しくダイビングが出来る環境をご用意致します。また、ダイブクルーズが初めての方、ブランクがある等でスキルに若干の不安がある方には、ご希望で「プライベートガイド(空き状況による)」でのお受付も可能でございます、他のダイバーさんなどを気にせず、安心してご参加頂ける様になっております。ただダイブクルーズは最大深度、平均深度も深いダイブサイトもございますので、アドバンスドダイバー以上のライセンスがあれば、よりお楽しみいただけます。ダイブクルーズ開催中にもレベルアップコースの開催が可能でございますので、この機会にご検討くださいませ。

一人なのですが、ダイブクルーズに参加できますか?

1名様からでもダイブクルーズにご参加いただけます、ただ、ダイブクルーズ開催中の客室キャビンは2名様で1室となりますので、他のお客様(同性)との相部屋でのご利用となります。あらかじめご了承下さい。もし、1名での客室キャビンのご利用をご希望の場合、別途にて追加料金が掛かって参りますが、可能でございますのでご予約の際にお申し付け下さい。

高齢なのですが、ダイブクルーズに参加できますか?

健康な方であれば誰でも問題なくご参加いただけます。ただ、60歳以上もしくは過去に大きな病気や怪我の経緯がおありの方は、こちらの「メディカルチェック」をプリントアウトの上、事前に医師の診断を受けてください。
→ → → メディカルチェック(病歴書)(PDFファイル)

船酔いが心配なのですが。。。

ダイブクルーズで使用いたしますダイブクルーズ船は、かなりの大型ボートになります、また揺れに対しても強い設計になっております。とは言っても「船酔い」は体調と精神的な部分が大きな要因になって参りますので、ボートクルーズ中での深酒や寝不足には十分注意してください。個人差はありますが、市販の酔い止め薬もかなり有効です。(各クルーズ船に常時ご用意しておりますので、担当ダイブスタッフにお伺いください。)

船上にてデジタルカメラ等の充電はできますか?また電圧や形状は?

各「ダイブクルーズ」の各客室キャビンには、充電用の【コンセント】が装備されておりますので、ご自由にお使い下さい。ただ、コンセントに接続出来る数に限りがございますので、多くの電子機器の充電が必要な方は分岐コネクタなどをご持参頂くことをお勧め致します。またダイブクルーズでの電圧は「220V」、コンセントの形状は日本と同じタイプのものとなります。(「220V」対応でない電子機器を充電される場合、変圧器が必要になって参ります。)

船上にてネット環境はありますか?wifiは?

フリーの「wifi」の設備があるダイブクルーズ船が数隻ございます。ただダイブクルーズ船の「wifi」も電波をルーターがひろってのご提供となりますので、電波の届かないエリアではスマートフォンと同様に「wifi」、ネット環境、通話が出来なくなります。今現在のところ、シミラン諸島の周り、ピピ島、ハー島周りなど一部エリア以外は、電波(wifi、ネット環境、通話)が利用出来なくなります。

バスタオルはありますか?

いくつかのダイブクルーズ船には、【バスタオル】のご用意がございません。サービスの一環として客室キャビンに用意しているダイブクルーズ船もございます。弊社では、弊社のサービスの一つとして、バスタオルの準備のないダイブクルーズ船の場合は【無料】にてダイブクルーズ期間中に1枚/1名様のバスタオル(レンタル)をご用意致しております。ただ、ダイブクルーズ期間中、何かとタオルがあると便利ですので、お荷物に余裕がある場合はお持ち頂く事をお勧め致します。

ダイブクルーズ開催中の貴重品の管理は?

ダイブクルーズ船の各客室キャビンには、ホテルのお部屋の様にセキュリティボックスの備え付けがございません。(一部のダイブクルーズ船には備え付けのセキュリティボックスの設備がある客室キャビンもございます。)誠に申し訳ございませんが、貴重品に関しましては各自お客様ご自身での管理となります。何卒ご理解の程宜しくお願い致します。貴重品に関しましては、施錠出来るカバンやスーツケースにて管理される事をお勧め致します。

ダイブクルーズ開催中のナイトダイブ用の水中ライトは?

ダイブクルーズ船では、ナイトダイブ用のトーチ(水中ライト)レンタル(有料)をご用意致します。もちろんご自身でご持参頂いても問題ございません。

ダイブクルーズでの「チップ」は?目安は?

ダイブクルーズでの「チップ」は、ボートクルーやコック、キャプテン用の「チップボックス」がダイブクルーズ船上にございますので、そちらにクルーズ最終日にまとめてお入れ下さい。また、ダイブガイドへの「チップ」は、直接「手渡し」にて担当したダイブスタッフへお渡し下さい。目安として、船のキャプテン、クルーには平均して200バーツ/1日ほど、担当いたしますダイブスタッフにはその時のお心遣い、300~500バーツ/1日ほどで決めていただければと思います。

ミャンマーダイブクルーズでミャンマーへの入国ビザは事前に取得する必要がございますか??

ミャンマーダイブクルーズでの「入国ビザ」は、事前での取得は必要ございません。クルーズ船上で手続き、ビザ発給となります。ダイブクルーズでのミャンマー入国ビザ申請の際は、下記のものをご用意下さいませ。

 1、【有効期限が6ヶ月以上のパスポート】
 2、【2枚のパスポート申請時サイズのカラー写真】
 3、【2枚のパスポートコピー(名前表記のページ)】
 4、【申請料200US$(新札でのアメリカドルのみ)】
    ※申請料は、その時のミャンマー政府により若干変動することがございます。

またダイブクルーズ終了後、ミャンマーからタイへ再入国する際のビザの有効期間は、空路での入国と違い「陸路、海路での入国として15日間」となっております。それ以上タイ、プーケットに滞在する予定のある方は、あらかじめマルチプルエントリーの観光ビザなどをご用意下さい。また、タイでお住い、就労されている方は、事前にイミグレーションにてリエントリービザを取得しておいてください。

ダイブクルーズ TOP → シミラン〜リチェリューロック → ピピ島〜ヒンデン&ヒンムアン → ミャンマー