■日帰りダイビングツアーで使用する大型のダイビング専用ボート

タイ プーケット ダイビング ダイビングボート詳細

プーケットからのボートダイビングは、ダイビングサイトが離れていることもあり航行距離があるので、大型のダイビング専用船を使用しての1日でのダイビングツアーが主流となっております。

ボート上も色んな国のダイビングショップの乗合いになりますので、国際色豊かで異国感を思いっきり楽しむことができます。

いくつかのボートの中から弊社にてスケジュールに合わせてベストなボートを選んでいきます。

■主な日帰りダイビングツアーのダイビング専用ボート

MV.Mandarin Queen

日帰りダイビングボートの中で一番の速度で走る「マンダリンクイーン」。ピピ島、マリンパーク、ラチャノイ&ヤイ島3ダイブのスケジュールで運行してます。

MV.Freedom Dolphin

日帰りダイビングボートの中で一番新しい「フリーダムドルフィン」。主にラチャノイ&ヤイ島3ダイブのスケジュールで運行してます。

MV.Kepsub

日帰りダイビングボートの中で唯一女性インストラクターがオーナーの「ケプサップ」。ピピ島、マリンパーク、ラチャノイ&ヤイ島3ダイブのスケジュールで運行してます。

共通の基本スペックデータ

★全長:26〜28M ★全幅:6〜7M ★最大ゲスト定員:ゲスト50〜60名|スタッフ5名 ★エンジン:2 x 340~450hp ★ジェネレータ:220v.-24v. 2 Sets ★コンプレッサ:650 Bauer x 2 ★安全装備:GPSソナー&ナビ、衛星電話、船舶無線、ファーストエイド(緊急酸素キット込)、セキュリティビデオカメラ

■日帰りダイビングボートの共通の設備のご案内

※写真をクリックで拡大表示します。

★ダイブデッキ

ダイビングボート詳細 ダイブデッキ

ボート1階部分の後方に位置し、タンクが倒れないように固定されていて、その日ごとに場所が指定され、タンクは主に12Lのアルミのタンクになり、10L、15Lタンクも用意がございます。ダイビングに必要なもの(コンプレッサ、ウエイト、曇り止め、カメラ水槽など)はこちらのエリアに全て準備しております。

★ダイブプラットフォーム

ダイビングボート詳細 ダイブプラットフォーム

ボート1階部分の最後尾に位置し、エントリー、エクジットエリアになります。エントリーはジャイアントストライドエントリースタイルとなり、またエクジット用のハシゴが左右にあり、器材を装着したままでもエクジットが出来るように設計されています。またこちらに真水シャワーも設置しております。

★トイレ(シャワールーム兼用)

ダイビングボート詳細 トイレ(シャワー兼用)

ボート1階部分でダイブデッキとサルーンの間に位置し、比較的広いエリアで2〜3室のトイレがあり、こちらを利用してシャワーや着替えなども可能です。

★サルーン(ドライエリア)

ダイビングボート詳細 サルーン(ドライエリア)

ボート1階部分の船首側に位置し、エアコンが設置されており、カメラや携帯などの充電に使えるコンセントなども設置しております。どの船もこのエリアへはウエットスーツ着用のまま濡れたままでの入室を禁止し、ドライエリアに指定しております。荷物などはこのエリアに保管するのがオススメです。(基本的に自己管理になります)

★ダイニングエリア

ダイビングボート詳細 ダイニングエリア

ボート2階部分の後方に位置し、オープンエリアになっており、こちらのエリアにボートによってはビュッフェスタイルの食事などを用意いたします。喫煙される方はこちらの風下の灰皿があるテーブルでお願いいたします。

★ソフトドリンクやスナックエリア

ダイビングボート詳細 ソフトドリンクやスナックエリア

ボートのダイニングエリアやサルーンにあり、飲料水を始め、紅茶やインスタントコーヒー、船によってはフレッシュコーヒー、冷蔵庫に缶ジュースなどもあり、食パンやクロワッサン、スナック(お菓子)が常時用意してあり、いつでもご利用いただけます。またビュッフェスタイルのお食事もこちらに用意させていただきます。

★お食事(朝食、昼食、軽食)

ダイビングボート詳細 お食事(朝食、昼食、軽食)

ボートのダイニングエリアやサルーンのスナックエリアに朝食、昼食、軽食をビュッフェスタイルでご用意させていただきます。基本的にタイ料理のご提供ですが、スパイシーなものでなく、比較的どの国の方にも喜ばれる食事をご用意させていただきます。軽食は、3ダイブ終了後、パンケーキなどをご用意させていただきます。どの船もキッチンを設置しており、その場で調理をしご提供させていただいておりますので、出来立ての暖かい料理をお楽しみいただけます。

★サンデッキ

ダイビングボート詳細 サンデッキ

ボートの屋上部分にあり、寝転んでくつろげるスペースになっております。ただここプーケットは日差しがとても強く、日焼けには十分お気をつけください。


→ ファンダイビング TOPに戻る
→ 体験ダイビング TOPに戻る