■コース概要

タイ プーケット PADI レスキューダイバー

大自然を相手に遊ぶダイビングでは、ときとして予想外のアクシンデントに遭遇する場合もあります。

こうしたトラブルが発生してもすぐに対処できる知識を備えるとともに、 トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキューダイバーコースです。

このコースを受講することにより、安全意識、他のダイバーを気遣う意識が高まるのはもちろん、ダイバーとして大きな自信をつけることができるでしょう。

知識開発(学科)

知識開発(学科講習)でトラブルの対応力を身に付け、遭遇するトラブル対応への技術、危険性への知識を学びます。

10からなるレスキュー課題

プール(限定水域)にて、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など、現実に役立つスキルを学びます。

シナリオ

プール(限定水域)にて身につけたスキルを使って実際の海洋にてより現実的な講習をします。

■コース料金 – PADI レスキューダイバー

2日間|学科、レスキュー課題&シナリオ

●料金(1名様)|13,500バーツ
2名様以上でのお申込み
 料金(1名様)|13,000バーツ

  • 1グループ限定(プライベート)サポートとなります。
  • ライセンス 、ログブックをご持参ください。
  • 水着、タオル、着替えのみで1名様から参加可能
  • シナリオは、ビーチ、もしくはボートダイブにて行います。
  • 天候、海況によりダイブサイトが変更となる場合がございます。

含まれているもの

・講習費 ・施設費 ・日本人インストラクター ・PADI申請料(eカード) ・教材 ・レンタル器材 ・ボート乗船の際は朝食、昼食、軽食(フルーツ&スナック)、ソフトドリンク ・ダイビング保険 ・ホテル送迎(パトン、カタ、カロンビーチ地区)

含まれていないもの

・タオル ・水着 ・学科&プール講習、ビーチ講習の際は飲料、食事代 ・アルコール飲料(ビールなど) ・チップ ・遠隔地ホテル送迎

■スケジュール – 例:2日間|レスキュー課題&海洋実習ボートダイブ

1日目(学科&プール実習)

  • 08:30AM – ホテルお迎え
  • 09:00AM – 学科講習スタート
          iPadにて学習
  • 12:00PM – 昼食
  • 13:00PM – プールスタート
         ・セルフレスキュー
         ・レスキュー課題
  • 15:30PM – 学科&プール終了
  • 16:00PM – ホテル到着

2日目(海洋実習ダイブ)

  • 07:15AM – ホテルお迎え
  • 08:00AM – シャロン港集合
  • 08:30AM – 出港、朝食
  • 09:00AM – ブリーフィング
  • 10:30AM – ラチャノイ島到着
         ・講習ダイブ(水中捜索、シナリオ1)
  • 11:30AM – 昼食
  • 12:45PM – ・講習ダイブ(シナリオ2)
  • 14:00PM – ラチャヤイ島到着
         ・オプションダイブ
  • 15:00PM – おやつ(軽食)
  • 17:00PM – シャロン港、帰港
  • 18:00PM – ホテル到着

※スケジュールはあくまでも目安であり、天候や海況、その他の要因などで多少変更となる場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。

■ご予約はこちら


→ PADI ダイビングライセンス TOPに戻る