タイ プーケット ダイビング コロナ ワクチン ガイドライン

サワディーカップ(こんにちわ)、ワンステップのアキです。

ここプーケットもコロナ禍の影響で、事実上の鎖国状態。。。9月8日には鎖国が解除される予定ではございますが、ほぼ2ヶ月の鎖国は辛いです。

さて、タイ国内では日本と同じように「ワクチン接種」が急速に進められており、ダイバーさんの中でもワクチン接種後のダイビングってどうなの?って思う方も少しずつ出てきているのではと思います。

以前、PADI(DAN)の方にアップされていた内容となりますが、下記にリンク先をご案内させていただきますので、ご確認くださいませ。(DANの文章には著作権がありますので、リンクとさせていただきます。あらかじめご了承ください。)

●コロナワクチン接種後のダイビングのガイドライン → DAN JAPANの詳細ページへ(別ページで開きます)

このガイドラインではワクチン接種によって圧力下での呼吸が何かしら影響する、ダイビングを安全に遂行する能力に影響すると言うエビテンスはないと言ってますが、ただそれでもワクチン接種後にDCI(減圧症)の似た症状が出たと言う症例もあったりと、これはこれで事実関係も逸話?って書かれているぐらいですし、まだ要因などがはっきりしていないみたいですね。この辺りはダイビングに限らず、このコロナワクチンならではのお話、物語で、あるネット世界の症例では、スプーンがくっつくとか、インターネットと接続するのもあると聞きますから。。。

ただ自分たちの身近なところでは、ここプーケットのダイビング業界でワクチン接種の影響で何らかのダイビングの事故やケガ、減圧症の症例はございません。その辺りは皆さんにとっても有意義な情報にもなるかと思います。

これが一番伝えたかった今ある正確な情報かなと。。。

9月8日からは、タイ国内からプーケットへの観光旅行が可能となります、外国からは引き続きサンドボックスプログラムでプーケット旅行が可能となっております。また噂では、日本でもワクチンパスポートを取得した日本在住の方は、パラリンピックが終わった後に日本帰国の際の隔離が免除となるかもと言われているそうです。

まだまだ感染者数が増え、ワクチンが完璧な抑止力ではないのは確実ではございますが、以前の生活ができるようこのようなニュースが届くのも正直生きる活力になってます。まだまだ頑張らないと思ってます。

また皆さんと一緒にワイワイできる日がもうそこまで。。。楽しみにお待ちしております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です