■ランタ諸島(ヒンデン&ヒンムアン)国立海洋公園について

タイ プーケット ダイビング ピピ ヒンデン&ヒンムアン ダイブクルーズ

★ヒンデン&ヒンムアンについて

ピピ島から南へ約25キロ、外洋のまっただ中にぽつんと見える3つの岩が目印の「ヒンデン(タイ語|赤い岩)」。名の由来通り、岩一面を赤いソフトコーラルが覆っている。さらに「ヒンデン」より西へ約300Mのところにある長い大きな隠れ根「ヒンムアン(タイ語|紫岩)」、こちらも由来通りに一面に紫のソフトコーラルが生い茂っており、見るものを圧倒させる。またここは迫力あるドロップオフが特徴で、プーケットのダイブサイトの中では一番ではないかと言われている(南側の深いところで、深度約60M)、透明度が良い時には、まるで空を飛んでるように感じる事が出来る。どちらもバラエティに富んだ地形、豊富な生物層を楽しめる。年間を通して「マンタ」や「ジンベエザメ」もよく目撃される。

■ピピ島、ハー島、ヒンデン&ヒンムアンのシーズン

プーケットのハイシーズン(乾期|10月中旬~5月初旬)が、西から吹く風が収まり最も天候、海況が安定する時期に当たり、ピピ島やヒンデン&ヒンムアンも同じ様にこの時期がベストシーズンとなります。その中でも、2月初旬から3月下旬までは「ベストシーズンの中のベストシーズン」になり、天候、海況共にとても安定し、また透明度も高く魚影も濃い時期に当たります。

プーケットのローシーズン(雨期|5月中旬~9月下旬)は、モンスーンの影響で西からの風が吹き、波が高くスコールも多い日が続きます。ハー島、ヒンデン&ヒンムアン(ランタ諸島)は、ちょうどこの時期にタイ政府により立ち入り禁止区域となり、タイ政府の管理施設を始め全てクローズされます。

ただピピ島国立海洋公園は、年中閉まることがなく通年を通してダイビングを楽しめます。

タイ プーケット ダイビング ピピ ヒンデン&ヒンムアン ダイブクルーズ

■ピピ島、ハー島、ヒンデン&ヒンムアンでのダイビングスタイル

タイ プーケット ダイビング ピピ ヒンデン&ヒンムアン ダイブクルーズ

プーケットから南に約65キロ、ピピ島から約25キロ離れたところにあるタイで最も深いドロップオフを持つ地形ダイブサイト「ヒンデン&ヒンムアン」。ここでのダイビングスタイルの主流は、「ダイブクルーズ」。主に2泊2日、もしくは4泊4日でピピ島廻り、ハー島、そして大物との遭遇率が高い「ヒンデン&ヒンムアン」を廻るものが多い。根の廻りには、タカサゴ系をはじめツバメウオやバラクーダ等が群れており、まさに圧巻。流れが緩やかな時は中層を中心としたワイド、流れが強い時はウォール沿いや岩の陰などでマクロなダイビングが楽しめます。基本的に何処のダイブサイトもアンカーロープを使用しない潜行、浮上での「ドリフトダイビング」になります。


  • プーケット発のダイブクルーズは、「10月中旬~5月初旬までの期間限定」になります。
  • ダイブクルーズは基本的にダイビングライセンスをお持ちの方が対象となります。
    ダイブクルーズ よくあるご質問
  • その他にも、タイの秘境「ローシン」を廻るダイブクルーズタオ島のダイブクルーズなどもご案内いたします。
    スペシャルダイビングトリップ

ダイブクルーズ TOP → シミラン〜リチェリューロック → ピピ島〜ヒンデン&ヒンムアン → ミャンマー